忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/23 14:18 】 |
しまなみ250 弐
大三島の迂回ルートの登り。相変わらずのハイペース。
ずるずると落ちていく人がでてくる。

と、ふとした拍子に前の2人が落車。巻き込まれ倒れる。
先頭集団は猛スピードで去っていく。今中さんとスタッフが怪我などの確認をする。骨折は誰もいなかった。僕は擦り傷多数、肘ずりむいて血まみれ。水かけると赤い赤い。初落車、痛いね。うん。
(良かった。俺赤い血の地球人だったよ)

出発する頃、誰もいない。まさに落車後の坂道くん状態。

「エイドステーションで手当してもらって下さい」
今中さんとスタッフが走りだす。
先頭に追いつくつもりだ。ついて行くと、平地をどんどん加速していく。エイドステーションまで引く気はないのね(笑)

数人しかいないので、抑えていたのやめ、楽しくなって本気で回す。肘血まみれでにやけながら走る。今考えると変態だ。

40で追っても縮まらない。これが実業団の走りか!
今中さんはそのスタッフをぶっちぎって加速。
これが世界に出た人の走りか!
もう次の登りに行き、ありえない速さでぐんぐん登っていくのが見え、消えた。

そして孤独な1人旅。

エイドステーションで落車の話、今後しばらくはこの辺りをスタッフが通らないので、事故が起こった場合駆け込む人がいるかもしれないこと、などをスタッフに話す。

その後、救護コーナーがある伯方島エイドステーションを目指す。(全てのエイドステーションに救護コーナーがないらしい)

伯方島で昼食&消毒。絆創膏だらけになるが、走っているうちにはがれた。

知り合いに会えるかなーなどと思いつつ、脚残す事を考えると飛ばせない。

疲れると、ほとんどのカメラにポーズ決める作戦実行する体力が無くなる。楽しまないと損だ。

大島の峠を越え、糸山公園へ。大三島の時点で140集団に追いつき、混合集団に。残りのコースは140と同じ。

そして大島裏へ。海岸沿いからアップダウンへ。
案の定、ずりすりと脚が削れた人が疲れ果てている。
140kmコースは190と違って水軍と大三島迂回がないから平地ばっかだけど、大島からアップダウンがあるからな。

死にそうな人に声をかけながらまったり登る。
やばいなー、やっぱ楽しくなってきた。脚使いたい。もっと回したい。を堪えつつ登る。

復路は大島以外楽だ。殆ど平地みたいなものなので、省エネで走る。
伯方島で伯方100と合流。
もしや、なべくまさん達に会えるかも?

【続く】
PR
【2011/09/23 21:46 】 | イベント | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<しまなみ250 壱 写真 | ホーム | しまなみ250 壱>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>