忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/19 07:01 】 |
偶然
目標を少しずつ上げていってクリアしていくのは楽しい。1年前は多々羅130で膝通発生とプチハンガーノックで死んでた僕も、300kmの壁も超えられた。

目標の設定と、その為になにをやるかを考えることは重要だと思う。目標がないとダレる。

300kmの壁、オレンジライド自走は、本気で独りで行くつもりだった。でも、こんなことにつきあってくれる人が出て来て、結局6人に。

夜中からの走行では、くろすけさんのキャットアイ HL-EL540の光を車と間違え「車来たーー・・・あれ?・・・・・こねぇな」で笑い。

信号機あるところを通り、徐行も停止もしているのにアベ30になっていることに笑い。

ゼッケンと一緒に渡される手信号のプリントに軽く感動し。
(普段、1人で走る人はこんなイベントでもないと、集団走行が出来ない。マナーや手信号も分からない。そんな人のために、手信号見本写真か載ってるプリントをくれるイベントなんて、そうはないと思う。)

オレンジライドではどこを走っても呉ポタメンバーに出くわし。

島の人の応援にありがとうと返し。

朝のりさんの個人エイドステーションでみかんを貰い。

坂を何度も登り。

3人で並んでゴールし。

ゴール後の海軍カレーを食って。

デザート(野呂山)の誘いを断り。

復路では野呂山の看板を指差しながらパスし。
「川中さん、山が呼んどるよー」の誘いに愛想笑いを返し。

数えきれないくらいの笑いがあった。修学旅行を一日に詰め込んだような日だった。

よく分からないままサイクルシップ代も無駄に払ったけど、それでも良いと思えるくらいの思い出になった。

こんな楽しい世界があることも、山の上で素晴らしい景色を見ることも、達成感も、仲間も、交通ルールやマナーを考えることも、たまたま自転車に乗り始めたことから始まっている。

すごい偶然だ。
PR
【2011/11/30 23:24 】 | その他 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<インナーローポタ | ホーム | 新しい目標>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>